>

ファクタリングをしてみよう

スピーディーに対応してもらえる

まとまった資金を明日までに用意しなければいけない時は、ファクタリングを使ってください。
ファクタリングは午前中に申し込むと、午後には資金を受け取れる面が大きな魅力です。
それなら、どんなに焦っている時でも間に合うでしょう。
さらにファクタリングは、売掛債権を譲渡する方法なので負債になりません。

負債が多いと企業の信頼を失ってしまいますが、どんなにファクタリングをしても、信頼を失うリスクがないので安心ですね。
信頼が低下すると金融機関から融資を受けにくくなりますし、周囲の企業とコミュニケーションを取りにくくなってしまいます。
デメリットが多いので、なるべく信頼を落とさないように経営することを心がけてください。

どちらの方法が良いのか

急いでいるなら、2社間ファクタリングを選択しましょう。
2社間ファクタリングは、売掛先の企業にファクタリングをすると伝える必要がありません。
余計なことをしないのですばやく手続きが進みますし、売掛先の企業にこちらの経営がうまくいっていないのではないかと勘繰られずに済む面がメリットです。
しかし、手数料が高めだと言われています。

手数料を気にしている人は、3社間ファクタリングを選んでください。
すばやく3社間ファクタリングを進めるポイントは、丁寧に売掛先の企業に説明することです。
なぜファクタリングをするのか細かく伝えることで了承してもらい、手続きをスムーズに進められると思います。
言葉をよく選んで、説明してください。


この記事をシェアする