>

3つの方法を覚えておこう

条件を調べよう

誰でも使える方法ではありませんが、小規模事業や中小企業を経営しているなら補助金や助成金を申請できると思います。
資金が足りなくなりそうになったら、すぐ申し込んでください。
補助金や助成金は、資金をもらえる面が大きなメリットです。
ですから、返済する必要はありません。
金融機関から融資を受けた場合は返済しなければいけないので、利用に抵抗を感じる人が見られます。

こちらの方がお得なので、まずは補助金や助成金について詳しく調べましょう。
条件に該当する補助金や助成金が複数あれば、全て申し込むことをおすすめします。
すると1つの補助金や助成金でもらえる金額が少なくても、合計すれば大きな金額になり、企業を無事に経営できます。

早めに申請を済ませよう

資金を返済しなくて良い面はメリットですが、すぐに資金調達ができる方法ではありません。
たくさんの人が申請しているので、自分の順番が来るまで時間が掛かります。
そのため、完全に資金がなくなってから申し込むのでは遅いです。
資金がそろそろなくなりそうだと思った時に申し込むことで、企業の経営に悪影響を与えません。
申請が受理されて手元に資金が届くまで、1年近い時間が必要です。

また何が必要なのか、提出する書類について確認してください。
条件に当てはまっていることを証明できる書類が必要なので、早い段階で作成しましょう。
この時に、絶対に嘘をついてはいけません。
嘘をついて申請すると、ばれたときに詐欺罪として捕まってしまいます。


この記事をシェアする